400系は次世代へ

2013年に向けて色々やって見てます。よろしくお願いします! Twitter @yamagatahasita
400系は次世代へ TOP  >  スポンサー広告 >  鉄道 >  梅小路に鉄道博物館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

梅小路に鉄道博物館

image_20121221180232.jpg
image_20121221180302.jpg
image_20121221180458.jpg


行って見たいなー。
と、大宮にもろくに言ってない僕がいうのもな・・・ JR西日本は19日、鉄道博物館を2016年春に新設することを発表した。場所は、京都市の梅小路公園内で、総事業費は約70億円。
鉄道博物館は、JR西日本の既存施設「梅小路蒸気機関車館」の隣接地に2棟を建て、完成後は機関車館と一体化する。23両のSLなど約50両を収蔵し、0系や500系新幹線、581系、ボンネット型特急電車489系、SL C62形、80系電車などを展示。展示車両数、施設面積とも国内最大規模となる。また、梅小路運転区の留置線を館内に引き込むことで営業車両や新型車両の展示可能とする予定。博物館の名称や展示車両については、今後検討するとしている。
館内では、車両工場をイメージした屋根上点検通路、電気機関車の持ち上げ展示を設けるほか、体験型の展示として「台車とばね」、訓練用運転シミュレーターなども設置する。年間来場者数は、JR西日本の2施設(交通科学博物館、梅小路蒸気機関車館)合計約60万人を上回る、約80万人を目標としている。
2012年12月19日
2016年(平成28年)春、京都・梅小路エリアに新たな鉄道博物館が開業します
 当社は、平成28年春、京都・梅小路エリアにおいて梅小路蒸気機関車館と一体となった新たな鉄道博物館を開業いたします。

詳細

1 計画内容
 (1)所在地
 京都市下京区観喜寺町

 (2)開業予定
 平成28年春ごろ

 (3)運営方式
 公益財団法人交通文化振興財団に運営を委託

 (4)建物概要
 地上3階建、延床面積約18,800平方メートル

 (5)収蔵車両数
 50両程度
 【内訳】SL23両、新幹線6両、電気機関車4両、ディーゼル機関車4両など

 (6)総事業費
 約70億円

2 鉄道博物館の概要
 (1)SLから新幹線まで、時代を彩ってきた貴重な車両50両程度を展示します。

 (2)動態SLを間近で観察できる展示や、SLスチーム号への体験乗車を実施します。

 (3)梅小路運転区構内留置線を博物館に引き込み営業車両などを展示します。

 (4)「みる、触る、体験する」 を重視した展示構成とします。

 (5)新幹線タイプ、在来線タイプの運転シミュレーターを設置します。

 (6)ジオラマで鉄道模型運転を実施します。

3 その他
 博物館名称ならびに展示施設、展示車両、収蔵品などの詳細に関しましては、今後関係先などと協議・検討を進め詳細が決定し次第、別途お知らせ申し上げます。

※注釈 鉄道博物館の外観や展示車両などについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 1,578キロバイト)

※注釈 新鉄道博物館のイメージ映像についてはこちらをご覧ください。
公式発表より
スポンサーサイト
[ 2012年12月21日 18:00 ] カテゴリ:鉄道 | TB(0) | CM(1)
 400系はどうなっているのかな。昔、新しい博物館に飾られると言う話題があったけど。
[ 2012/12/21 20:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。