400系は次世代へ

2013年に向けて色々やって見てます。よろしくお願いします! Twitter @yamagatahasita
400系は次世代へ TOP  >  スポンサー広告 >  鉄道 >  山手線で無線LAN実験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山手線で無線LAN実験

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は2012年9月3日から、東京都中心部を走る山手線の車内で無線LAN(Wi-Fi)によるインターネット接続サービスや独自の情報提供サービスを受けられる実験車両の運行を始めた。当初は山手線1編成(11両)で、11月上旬以降は2編成(計22両)に増やし、2013年1月中旬まで実験を行う。その後、利用状況を検証し、本格的な導入の可能性を探る。実験は2011年10月にも実施しており、今回が2回目。
 実験サービス名は「山手線トレインネット」。JR東日本フロンティアサービス研究所が開発した「infoPiC(インフォピック)」と呼ぶシステムを車両に搭載する。該当車両内には無線LANアクセスポイントが設置されており、WiMAXルーターを通じてインターネットと接続する。
 乗客は、iOS/Android OSを搭載したスマートフォン/タブレット端末に専用アプリ(App Store/Google Playから無料ダウンロード可能)をインストールしておけば、トレインネットに接続して、列車内でWebサイト閲覧などインターネット上の各種サービスを利用できる。
 加えて、独自のコンテンツも提供する。首都圏各路線の遅延・運転見合わせ情報や、各駅までの所要時間など、山手線車内のドア上部にあるディスプレーに表示されるものと同様の情報をスマホ/タブレットにも表示。各号車の乗車率や車内温度もリアルタイムで表示。これを見て比較的空いている車両を探すような使い方もできる。
スポンサーサイト
[ 2012年09月09日 11:30 ] カテゴリ:鉄道 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。