FC2ブログ

400系は次世代へ

2013年に向けて色々やって見てます。よろしくお願いします! Twitter @yamagatahasita
400系は次世代へ TOP  >  Twitter >  03/24のツイートまとめ

03/24のツイートまとめ

yamagatahasita

今日も一日お疲れ様でした!
03-24 23:59

みなさんおやすみなさい!(( _ _ ))..zzzZZ
03-24 21:42

@appletrain48 おやすみー
03-24 21:39

@JRKINKI いいなー、親は持ってるけど
03-24 18:57

コピー終了デーす
03-24 18:48

オーストラリアとマレーシアでの連戦を終えたF1サーカスは3週間後に中国・上海で再集結します。シーズン第3戦中国GPは4月12日(金)に開幕。金曜フリー走行1回目のセッションは日本時間11時よりスタート予定です。それではまた次回、中国GPでお会いしましょう!ESPNの広告入り。
03-24 18:48

56周目ハミルトンはメルセデス移籍後、初めての表彰台です。相棒のロズベルグにはチームから感謝の言葉が伝えられました。
03-24 18:47

56周目 そして・・・ベッテルがトップでチェッカーを受けます! 今季初勝利です。ウェバーが2位、ハミルトンが3位でゴールし、ロズベルグは4位に入りました。5位マッサ、6位グロージャン、7位ライコネン、8位ヒュルケンベルグ、9位ペレス、10位ベルヌがポイント獲得。
03-24 18:45

byマクラーレン・ハミルトン派
03-24 18:45

くそー
03-24 18:44

56周目ベッテルがファイナルラップに入りました。ロズベルグはハミルトンの真後ろをキープしたままゴールを目指しています。 そして・・・ベッテルがトップでチェッカーを受けます! 今季初勝利です。
03-24 18:44

バトンは何で今更?
03-24 18:43

またレッドブルかー
03-24 18:43

56周目ベッテルがファイナルラップに入りました。
03-24 18:43

55周目マクラーレンはバトンをピットに呼び戻し、ガレージにマシンを収めます。ペレスもピットに戻って来ましたが、こちらはタイヤを交換してコースに向かいました。
03-24 18:43

ロズベルグはハミルトンに対するプッシュを続けていますが、チームからマシンをケアし、間隔を保つよう支持を受けました。ロズベルグはハミルトンとの対決を止められて不満気ですが、ブラウンは2台とも完走させたいのだと説得しています。
03-24 18:42

54周目マッサがグロージャンをかわしました! レース序盤に片翼を失った跳ね馬。マッサが必死にポジションを上げています。これで5番手。
03-24 18:42

ベッテル先頭のままレースは残り4周へ。4番手のロズベルグはまだ表彰台をあきらめていないようで、隙あらばハミルトンを追い抜こうと虎視眈々 ペースを緩めることなくハミルトンの0.7秒後方でプレッシャーをかけています。トップを走るベッテルにはタイヤをいたわるよう指示が出ました。
03-24 18:41

52周目表彰台がかかる位置だけに、ロズベルグのフラストレーションは理解できますが、メルセデスはポジションキープを狙っているようです。
03-24 18:36

51周目ロズベルグは自分の方がハミルトンより速いとチームにアピールしましたが、前に出ることは代表のロス・ブラウンに却下されてしまいました。ブラウンの説明によると、ハミルトンも速くは走れるものの、ペースをコントロールしているのだそうです。
03-24 18:36

グロージャン入った!
03-24 18:33

50周目マッサはその後、ライコネンをもかわして6番手の位置を取り戻しました。
03-24 18:33

49周目 上位勢では5番手のグロージャン、6番手のライコネン、8番手のペレスがピットストップを3回しか行っていません。
03-24 18:33

他3ストップor4ストップ
03-24 18:32

グロージャン2ストップかー
03-24 18:32

49周目 マッサが最後のピット作業を終えてコースに戻ります。ホームストレートからターン1、ターン2にかけてライコネン、ペレス、マッサが激しいポジション争いを繰り広げ、DRSを生かしたマッサが前方のバトルの隙を突いてポジションを一つ上げました。
03-24 18:31

49周目 マッサが最後のピット作業を終えてコースに戻ります。
03-24 18:29

イエロー解除
03-24 18:29

48周目 イエローフラッグが掲示されています。まだ原因は分かりません。ウィリアムズがグラベルでマシンを止めています。マルドナドです。マルドナドがストップしました。
03-24 18:29

48周目 イエローフラッグが掲示されています。まだ原因は分かりません。
03-24 18:28

47周目47周目に入った時点のオーダーはベッテル、ウェバー、ハミルトン、ロズベルグとなっています。
03-24 18:27

46周目一方、先頭争いのレッドブル勢は遠目から見ると接触しているのではないかと思うほどに大接近! 互いに前を奪い合いますが、最終的にラップリーダーとなったのはベッテルです! ピットウオールの首脳陣は冷や汗モノ・・・。
03-24 18:27

あと10周ぐらい
03-24 18:26

レッドブルのチームメイト対決も見ものですが、その後方ではメルセデスの2台も対決中! ストレートでハミルトンに並んだロズベルグが3番手に浮上しました! しかしながら、次の直線でハミルトンがポジションを奪い返す! その後、最後のヘアピンで再びハミルトンをロズベルグが追い抜きます!
03-24 18:25

44周目ラップリーダーのウェバーもタイヤ交換に向かいました。しかし、相棒やメルセデス勢とは逆にハードタイヤを選んだウェバー! ターン1にかけてベッテルと並ぶ! 必死に前をうかがうベッテルの一方で、チームメイトの攻撃をかわし続けるウェバー。
03-24 18:23

44周目ラップリーダーのウェバーもタイヤ交換に向かいました。しかし、相棒やメルセデス勢とは逆にハードタイヤを選んだウェバー! ターン1にかけてベッテルと並ぶ!
03-24 18:22

43周目ベッテルがピットに向かい、ロズベルグも入ります。どちらもミディアムタイヤに履き替えて隊列復帰。42周目ハミルトンがピットへ! ハードからミディアムに履き替えて4番手でコースに戻ります。これが4度目のピットストップでした。
03-24 18:21

42周目ハミルトンがピットへ! ハードからミディアムに履き替えて4番手でコースに戻ります。これが4度目のピットストップでした。
03-24 18:21

41周目ハミルトンもロズベルグもまだピットには入りません。メルセデスはハードタイヤに苦悩しているようですライコネンがついにヒュルケンベルグを料理しました! 最終コーナーでタイヤをロックさせたヒュルケンベルグの隙を突き、サイド・バイ・サイドに持ち込んでターン1で前に出ました。
03-24 18:21

40周目ロズベルグは間もなくピットに入るようです。現在はプライムタイヤを履いていますが、オプションのミディアムタイヤに戻すとのこと。
03-24 18:20

39周目ベッテルがハミルトンをかわして2番手に! 再びレッドブルが1-2態勢を築きます!一方、ヒュルケンベルグを追いかけ回すライコネンは前を塞がれる現状に不満をこぼしました。再びサイド・バイ・サイドに持ち込むも、ホイールが軽くぶつかってしまい、いったん引きます。
03-24 18:20

38周目先頭集団はウェバーの3.6秒後方に連なるハミルトン、ベッテル、ロズベルグがいずれも1秒以内の間隔で接近戦! ハミルトンは少しハードタイヤに苦戦しているのでしょうか。ウェバーに近づくどころか、後続に追いつかれています。
03-24 18:20

35ヒュルケンベルグとライコネンが同時ピットイン! ピットレーンでサイド・バイ・サイドに並んだ両者・・・先に出たのはヒュルケンベルグです。コースに戻ってなおバトルを続ける両者。ライコネンの攻撃に必死に耐えるヒュルケンベルグ。
03-24 18:08

35周目ウェバーがバトンをとらえようとしています。ホームストレートで近づき、ターン1で前に出ます。
03-24 18:08

35周目ヒュルケンベルグとライコネンが同時ピットイン! ピットレーンでサイド・バイ・サイドに並んだ両者・・・先に出たのはヒュルケンベルグです。
03-24 18:08

34周目まだ3回目のピットストップを行っていないバトンがラップリーダーを務め、2番手にウェバー、ハミルトン、ベッテル、ロズベルグのオーダーです。
03-24 18:04

33周目ベッテルも別のハードタイヤに履き替えました。ピットアウトがうまくいかなかったベッテルはハミルトンの後方、ロズベルグの目前でコースに復帰しています。
03-24 18:04

top10 ジェンソン・バトン マーク・ウェバー ルイス・ハミルトン セバスチャン・ベッテル ニコ・ロズベルグ フェリペ・マッサ ロマン・グロージャン ニコ・ヒュルケンベルグ キミ・ライコネン セルジオ・ペレス
03-24 18:03

32周目今度はウェバーとロズベルグがピットに入ります。いずれもハードタイヤをチョイス。ハミルトンもハードタイヤを選んでいます。続いてベッテルがピットレーンに向かいます。
03-24 18:02

ウェバー・ロズベルグピットイン
03-24 18:02

31周目ハミルトンがピットに向かいました。ピットレーン入り口の直前でベッテルに大接近したハミルトンはマシンの向かう先をピットレーンにした、そんな様子が見て取れました。
03-24 18:01

ハミルトン3ストップ目
03-24 18:01

31周目ハミルトンがピットに向かいました。
03-24 18:00

30マクラーレンのペレスがライコネンに追いついてきました。2台のギャップは0.4秒。ライコネンは高速シケインでワイドに膨らんでしまう場面があり、それが影響したと思われます。
03-24 17:59

30周目トップ4のタイム差はウェバーとベッテルが1.6秒、ベッテルとハミルトンが1.1秒、ハミルトンとロズベルグが1.7秒ベッテルは先ほど無線でウェバーが遅すぎると不満を口にしていましたが、隙を見せないウェバーをなかなか追い抜くことができません。ウェバーいいぞ!
03-24 17:59

マーク・ウェバー セバスチャン・ベッテル ルイス・ハミルトン ニコ・ロズベルグ ジェンソン・バトン フェリペ・マッサ ロマン・グロージャン ニコ・ヒュルケンベルグ キミ・ライコネン セルジオ・ペレス ダニエル・リカルド
03-24 17:58

レースは27週目
03-24 17:56

29周目フォース・インディアはスーティルもガレージ前でマシンを止めました。ダブルリタイアです。あーあ。
03-24 17:56

28周目ベッテルとハミルトンがDRSを生かす一方、周回遅れのマシンのスリップストリームを使って加速するウェバー。ロズベルグもハミルトンをとらえられる位置まで近づきました。
03-24 17:55

マレーシアGP ・クアラルンプールセパン・インターナショナル・サーキット 2013年3月22日〜3月24日全周 56 ラップ距離 5.543キロ 路面コンディション 一部ダンプ/30度天候 部分的に曇り
03-24 17:55

27周目ウェバーとベッテルは0.4秒差で接近戦を続けています。その間に、メルセデスの2台も近づく・・・。先頭集団は前に周回遅れのマシンがいる関係もあって、ペースを維持するのが難しい局面を迎えています。
03-24 17:53

フォースインディアの左は新人か?
03-24 17:48

24周目スーティルにとっては数分間が何時間にも感じられたことでしょう・・・。ようやく作業を終えてピットアウトします。が、ディ・レスタがもう一度ピットに入ってきます。ピットボックスに入ってエンジンをとめます。
03-24 17:48

ハミルトンファステスト!
03-24 17:48

1ウェバーレッドブル2222ベッテルレッドブル2222ハミルトンメルセデス2223ロズベルグメルセデス2224ペレスマクラーレン2225バトンマクラーレン222
03-24 17:47

23周目続いてベッテルとロズベルグが2回目のタイヤ交換に向かいます。ベッテルはハードタイヤに履き替え、ロズベルグはミディアムタイヤの別セットを装着。スーティルのピットストップに臨むフォース・インディア・・・またもトラブルです・・・!
03-24 17:46

23周目続いてベッテルとロズベルグが2回目のタイヤ交換に向かいます。ベッテルはハードタイヤに履き替え、ロズベルグはミディアムタイヤの別セットを装着。ESPNのコピー再開
03-24 17:46

だれでも簡単!Twitter自動つぶやき設定ができるサイト!AutoTweet(オートツイート)! http://t.co/gggfAwyvd1 定期的につぶやくbotやURLの宣伝にも使えます!
03-24 17:45

10周目10周目に入り、トップはウェバーに変わっています。2番手にベッテル、3番手ハミルトン、ロズベルグ、バトン、ヒュルケンベルグ、マッサ、ペレス、グロージャン、ライコネンが10番手です。
03-24 17:22

9ロズベルグがタイヤを履き替え、すでに離脱しているアロンソを除く21台が1回目のピットストップを完了しています。
03-24 17:22

9周目トロ・ロッソのベルヌがピットアウトしようとしたところ、ケータハムのピックがピットイン。2台が接触してしまうアクシデントがありました。
03-24 17:21

8周目ウェバーはここでピットへなんと! ハミルトンがピットボックスを勘違い! 古巣のマクラーレンのピットボックスに向かってしまいました。マクラーレンクルーがマシンを避けてようやく気づいたいのか、その後、無事にメルセデスのボックスにたどり着き、タイヤ交換を済ませました。
03-24 17:21

7周目おっと! ダブルストップを敢行したフォース・インディアですが、スーティルの左リアタイヤがうまく外れず大きくタイムロス! 後ろで待機を強いられたディ・レスタも同様にかなり長く時間を失ってしまいました。
03-24 17:20

7周目ウェバーにはチームから"ステイアウトせよ"との指示。セクター1がウエットすぎるとの判断だそうです。それでも、ライバルたちは次々とピットに向かってタイヤを交換しています。
03-24 17:17

6周目ただまだドライタイヤを履くには路面コンディションが合っていないようで、ベッテルは苦戦を強いられています。5番手でコースに戻るも、ペレスやスーティル、グロージャンに追い抜かれてしまいました。
03-24 17:16

6周目マッサも入ります。ベッテルはミディアムタイヤをチョイス。マッサもミディアムタイヤに履き替えました。ただまだドライタイヤを履くには路面コンディションが合っていないようで、ベッテルは苦戦を強いられています。
03-24 17:16

6周目ベッテルがピットイン!
03-24 17:14

5周目ライコネンはさらにチームメイトのグロージャンにも追い抜かれて12番手に。8番手を走るヒュルケンベルグが前にいるマクラーレンのペレスに攻撃中! 新旧のザウバードライバー対決は現ドライバーのヒュルケンベルグに軍配が上がっています。
03-24 17:14

4周目 イエローフラッグが解除されました。10番手スタートだったライコネンは現在11番手。先ほどトロ・ロッソのリカルドにかわされてポイント圏外に後退したようです。
03-24 17:13

3周目3周目に入ったレースは先頭ベッテル、2番手にウェバー、ハミルトン、バトンが4番手を走っていますが、後方からロズベルグが猛プッシュ! バトンが必死に防御すれば、ロズベルグはコーナーでインを狙ってオーバーテイクを仕掛けます。これよりESPNのコピー開始
03-24 17:12

F1マレーシアGP開始!
03-24 17:08

@appletrain48 タイムラインにリンク載せました。
03-24 16:17

@appletrain48 投稿しますた!!ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
03-24 16:16

E6系走行動画 http://t.co/ohZWRiwvBI @youtubeさんから俺の動画
03-24 16:14

@JRKINKI ところでどんなルート通ってるの?
03-24 15:07

おやつの時間
03-24 15:03

ブログ見てね
03-24 14:02

┃だ┃ ┃れ┃ ┃で┗━━━┓ ┃もいいから┃ ┗━━━┓こ┃ ┏━━━┛の┃ ┃ピコを腸小┃ ┃|┏━━━┛ ┃し┗━━━┓ ┃てタイムラ┃ ┗━━━┓イ┃ ┏━━━┛ン┃ ┃いてげ繋で┃ ┃こ┏━━━┛ ┃う┃
03-24 10:11

Facebookアカウント・・・隼 田辺
03-24 10:02

最近リプライしかしてない
03-24 09:49

@JRKINKI 大変だぜい http://t.co/OhsQjC8WfE
03-24 09:44

@JRKINKI リアルタイムw
03-24 09:43

@appletrain48 あとでyoutubeにE6の走行動画投稿する。そしたらお知らせします
03-24 09:42

@JRKINKI うちにきて見る?2mの雪が待ってます。
03-24 09:22

@appletrain48 でも高いし・・・仕方ない。
03-24 09:21

@wwwww_BOT アメリカ人一番まし
03-24 08:45

@appletrain48 欲しいものだらけwwww複線両渡り・複線高架・ポイント
03-24 08:43

@JRKINKI いいな・・・来週いくけど。
03-24 07:47

@appletrain48 写真参照。机4個分 http://t.co/1InDAPxILE
03-24 07:45

スポンサーサイト



[ 2013年03月25日 03:39 ] カテゴリ:Twitter | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Twitter