400系は次世代へ

2013年に向けて色々やって見てます。よろしくお願いします! Twitter @yamagatahasita
400系は次世代へ TOP  >  F1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バルセロナテスト

降雨に加えて度々掲示される赤旗中断により、まとまりのない一日となったバルセロナテスト最終日はメルセデスのルイス・ハミルトンがタイムシート最上位のポジションを維持して終了した。

霧が出る中、インターミディエイトタイヤで走行を開始した各チームだが、その後、コンディションは一時的にドライタイヤを装着できるまでに回復し、昼休憩前にはミディアムタイヤを履いたハミルトンが1分23秒292を記録している。しかしながら、霰(あられ)を含んだ豪雨に襲われ、午後のセッションはウエットコンディションに逆戻り。

ハミルトンは同じくミディアムタイヤでのタイム計測に臨んだ前チームメイト、ジェンソン・バトン(マクラーレン)に0.351秒差をつけている。他にメルセデスと1秒差以内のタイムを残せたのはトロ・ロッソをドライブしたジャン-エリック・ベルヌのみ。路面温度が10度に達することは一度もなく、タイヤを機能させることが極めて困難な状況での作業を強いられた。

トップタイムを刻んだハミルトンは終盤にコース上でストップし、赤旗の要因となってしまったものの、おそらくは燃料を使い果たすテストの一環だったと思われる。午後のセッションで振られた赤旗はもう一回。ザウバーのエステバン・グティエレスがターン4でグラベルにはまってしまった。最後はフォース・インディアの作業を担当したジュール・ビアンキがピットストレートで停止したため、セッションは数分早く終了されている。

ただ、午前中には6台のマシンがトラブルに遭遇し、5回も赤旗が振られた。最初の中断は走行開始からわずか10分後、フェラーリのフェリペ・マッサがターン4でグラベルに飛び込み、続いてケータハムのギド・ヴァン・デル・ガルデが最終コーナーでワイドに膨らみバリア目前でストップしている。

小雨がぱらつくカタロニア・サーキットで次に赤旗の要因を作ってしまったのはターン5でグラベルに乗り上げたグティエレス。時を同じくしてターン9とターン10の間ではマーク・ウェバー(レッドブル)がマシンを止めており、2台の回収を待つことになった。

赤旗解除もつかの間、アウトラップに向かったベルヌがグティエレスに続いてターン5のグラベルの餌食となる。その後はコンディションが回復し、ミディアムタイヤに履き替える陣営が相次いだ。ウィリアムズのバルテリ・ボッタスはピットストップの練習に専念したようで、23周を走りながらも午前はノータイムに終わった。午後のプログラムを引き継いだパストール・マルドナドも同様の作業に励み、周回数は13にとどまっている。

昼休憩まで残り1時間になって再び雨が降り始め、ドライバーたちはまたもインターミディエイトタイヤに履き替える。ヴァン・デル・ガルデがターン9と10の間で止まってしまい、その15分後に昼休みを迎えた。

コースオフを喫したにもかかわらず、グティエレスは96周を走り込んでいる。ルーキーたちにとっては手順の学習に励む生産的な一日だったかもしれないが、それぞれのラップタイムは大きな違いがあるため、事実上比較することは不可能。ロータスのステアリングを握ったロマン・グロージャンにいたっては11秒以上ものギャップがある。不思議なことに、マルシャは4日連続してマックス・チルトンを走らせており、ルイス・ラジアは今週一度も出番がなかった。チームは一貫性を求めての判断だと説明している。
スポンサーサイト
[ 2013年02月24日 08:40 ] カテゴリ:F1 | TB(0) | CM(0)

F1日本GP 可夢偉3位おめでとう!

開場50周年を迎えた鈴鹿サーキットに6人のチャンピオンを含む12チーム24名のドライバーが集結し、7日(日)15時から2012年FIA F1世界選手権第15戦日本GP決勝が行われた。

サーキットは全長5.807km、決勝レースは53周で行われる。DRSゾーンはメインストレートの1カ所に設定されたが、昨年より20メートル短縮された。ピレリはソフトコンパウンド(オプション)とハードコンパウンド(プライム)を鈴鹿に持ち込んでいる。

土曜日に行われた予選ではレッドブルのセバスチャン・ベッテルが4年連続のポールポジションを獲得。チームメイトのマーク・ウェバーが2番手につけ、レッドブルRB8がフロントローを占めた。

3番手に入ったのはマクラーレンのジェンソン・バトンだったが、ギアボックス交換のために5グリッド降格のペナルティを科されて8番グリッドに。これによって予選4番手の小林可夢偉(ザウバー)は3番グリッドから母国グランプリをスタートする。

予選10番手だったフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグもギアボックス交換により5グリッド降格されて15番グリッドにつく。また、13番手のミハエル・シューマッハ(メルセデス)はシンガポールGPでジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)に追突した一件で10グリッド降格されて23番グリッド。そのベルヌは16番手につけた予選でブルーノ・セナ(ウィリアムズ)の走行を妨害したとして3グリッド降格され、19番グリッドに後退した。

スタート時のタイヤとしてプライムを選んだのはベルヌと21番グリッドのシャルル・ピック(マルシャ)、シューマッハの3名。

レーススタート時の天候は晴れ、気温23度、路面温度32度のドライコンディションだった。シグナルオフとともに可夢偉が好スタートを切って2番手に浮上する。ウェバーはロマン・グロージャン(ロータス)と接触して大きく遅れ、スタートダッシュを決めたかに見えたニコ・ロズベルグ(メルセデス)はストップ。さらにポイントリーダーのアロンソもキミ・ライコネン(ロータス)との接触によりリタイアを強いられた。

この混乱でセーフティカーが導入され、12番手グロージャンと最後方に下がっていたウェバーが緊急ピットストップを行った。

バトン、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、そして15番手スタートのヒュルケンベルグらが大きくポジションを上げ、隊列はベッテル、可夢偉、バトン、マッサ、ライコネン、ペレス、ルイス・ハミルトン、ヒュルケンベルグ、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、でダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)のトップ10に落ち着いている。

レースは3周目に再開。ペレスがライコネンに並びかけるもコースを外れ、後ろから来たハミルトンに先行された。しかし、ハミルトンに代わって来季のマクラーレン入りが決まっているペレスは6周目にハミルトンからポジションを取り戻している。

スタートで接触したウェバーとグロージャンは審議対象となり、グロージャンにストップ・アンド・ゴーのペナルティが科され、グロージャンは8周目にこれを消化した。

序盤のトップ集団では3番手バトンとマッサ、5番手ライコネンとペレスのギャップが1秒以内だった。ライコネンはスタート直後のアロンソとの接触でウイングに軽いダメージを負うも、大きな問題には至らず走行を続けている。

14周目にバトンとライコネンがタイヤ交換へ向かう。フォース・インディアは8番手を走っていたヒュルケンベルグと13番手だったディ・レスタを同じ周回でピットへ入れた。

2番手の可夢偉は続く15周目にピットインし、バトンの前で隊列に戻ることはできたものの、18周目にベッテルとマッサがピットストップを実施した際にマッサに先行されてしまった。マッサと可夢偉の差は2.2秒。可夢偉の後ろに構えるバトンは無線でギアボックスのトラブルをチームに訴えている。

この頃には上位勢のほとんどが1回目のタイヤ交換を終えていた。7番手を走るペレスは再びハミルトンをかわそうと19周目のヘアピンでアタックするも、体勢を崩してコースオフを喫し、グラベルにつかまってしまう。これで一時的にイエローフラッグが振られた。

ペレスの脱落により上位勢のオーダーはベッテル、マッサ、可夢偉、バトン、ライコネン、ハミルトン、ヒュルケンベルグ、マルドナド、ウェバー、リカルドに。ほぼ全員がハードに履き替えていたが、トップ10ではマルドナドとリカルドがソフトタイヤだった。21周目にはスタートでロズベルグに接触したブルーノ・セナ(ウィリアムズ)にドライブスルーペナルティが科されている。

マッサは早々に離脱してしまったアロンソの選手権争いをサポートしようとプッシュするものの、ベッテルがそれを寄せ付けず、2人は1分38秒台をキープして10秒差のまま周回を重ねる。可夢偉は25周目の段階でマッサの3.4秒後方となっていた。

27周目、ポイント圏内までポジションを戻していたウェバーが先陣を切って2回目のピットストップに向かう。また、23番手スタートのシューマッハは少しずつ前進し、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)をかわして11番手に浮上した。

4番手バトンと6番手ハミルトンは一時的にペースが落ちていたが、レースの中盤にかけて速さを取り戻す。可夢偉とライコネンがマクラーレン勢に迫られることとなり、5番手ライコネンは30周目にタイヤ交換を行った。

32周目には可夢偉、ハミルトン、ヒュルケンベルグがピットへ。コースへ復帰したハミルトンはターン1でライコネンのサイドに飛び込み、そのまま前へ出た。一方、5番手で隊列に戻った可夢偉は前を行くマルドナドがピットストップへ向かうと先行するバトンを追いかけ始める。

1ストップのままコースにとどまっていたベッテル、マッサ、バトンのトップ3からは36周目にバトン、37周目にマッサ、続いてベッテルがピットストップを実施。ポイント圏内にはベッテル、マッサ、可夢偉、バトン、ハミルトン、ライコネン、ヒュルケンベルグ、マルドナド、ウェバーの順で10名が並び、あとはコース上でのバトルが残されるのみとなった。

トップを行くベッテルはマッサを18秒後方に引き離し、脅かすライバルのない状態でチェッカーフラッグを目指す。速いペースのバトンが2秒以内の位置から徐々に迫ってくる可夢偉は自己ベストを更新しながらポジションを守るための激しくも静かな戦いを続けていた。

後方では7番手ヒュルケンベルグがライコネンの1秒以内を維持。さらに今季をもっての引退を日本で発表したシューマッハが、夕暮れせまる鈴鹿で最後のポイントをもぎとろうと10番手リカルドを追い続ける。

ファイナルラップでついにバトンは可夢偉の1秒後方につけ、DRSを使ってその差をさらにつめる。しかし、トップチェッカーに歓喜を爆発させるベッテルと2010年以来の表彰台を達成したマッサの後ろからフィニッシュラインを横切ったのは最後まで初表彰台を守りきった可夢偉だった。

ベッテル、マッサと共に可夢偉が鈴鹿の表彰台に上り、可夢偉コールの起こる母国の大観衆から割れんばかりの祝福を受けている。

4番手以降はバトン、ハミルトン、ライコネン、ヒュルケンベルグ、マルドナド、ウェバー、リカルドまでがポイントを獲得。

11番手のシューマッハからディ・レスタ、ベルヌ、ブルーノ、ヘイキ・コバライネン(ケータハム)、ティモ・グロック(マルシャ)、ヴィタリー・ペトロフ(ケータハム)、ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRT)がチェッカーを受け、グロージャンは19位完走扱いとなっている。


[ 2012年10月07日 20:16 ] カテゴリ:F1 | TB(0) | CM(0)

F1イタリアGP本戦

レーススタート時の天候は晴れ、気温28度、路面温度39度のドライコンディションだった。シグナルが消えるとマッサが好スタートを切って2番手バトンをかわし、ターン1までにハミルトンに並びかける。しかしハミルトンをパスするには至らず、マッサは反撃に出たバトンとバトルの末に2番手をキープ。6番手スタートのニコ・ロズベルグ(メルセデス)が入賞圏外にポジションを落とす一方、アロンソがスタートから2周目までに6番手まで浮上した。
初期の隊列はハミルトン、マッサ、バトン、シューマッハ、ベッテル、アロンソ、キミ・ライコネン(ロータス)、小林可夢偉(ザウバー)、ディ・レスタ、ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)のオーダーで落ち着いた。
4周目にはベッテルがシューマッハをパス。シューマッハはその後方からやってきたアロンソの猛攻にさらされることとなった。新旧フェラーリドライバー対決は7周目まで続き、アロンソに軍配が上がっている。
後方では入賞圏争いをしていたブルーノとロズベルグが5周目に接触したものの、両者ともレースを続けている。ブルーノの第1スティントは順調とは言いがたく、8周目には前を行くディ・レスタをパスしようとした際にコースサイドに押し出されてしまった。
10周目、トロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌが最初のシケインで単独スピンを喫してストップし、一時的にDRSの使用が禁じられた。
ポイント圏内のメンバーでは7番手シューマッハが最初にタイヤ交換を行い、ハードタイヤでコースに復帰。18周目にはペレスに6番手のポジションを奪われたライコネンが同じくハードに履き替えている。
一方、イタリアファンの前でバトンの追撃をしのいできたマッサだが、19周目についにポジションを明け渡す。
そのマッサがタイヤを交換した後、チームメイトのアロンソはベッテルと同時にピットイン。ここでベッテルの前に出ようとしたアロンソだが、きわどいタイミングでベッテルの後ろに戻った。
先頭を走るハミルトンは僚友バトンを従えて悠々としたレース運びを見せる。バトンのピット作業では右フロントがもたついたものの、その後でピットに入ったハミルトンは問題なくタイヤ交換を済ませた。
23周目にハミルトンがピットストップを行ったことで、タイヤ交換のタイミングを引き延ばしているペレスがラップリーダーとなる。この頃にはほとんどのドライバーが1回目のピット作業を終えていた。
ペレスの後ろにはスターティンググリッドと同じ順にハミルトン、バトン、マッサが続き、アロンソが果敢に4番手ベッテルにアタックする。ベッテルに阻まれてコースを外れる場面を見せながらもアグレッシブに攻め続けたアロンソは、29周目にベッテルを料理してティフォシの大歓声を浴びた。ベッテルはアロンソをコース外に押し出したことでドライブスルーペナルティを科されている。
30周目にペレスがピットに入り、トップ10はハミルトン、バトン、マッサ、アロンソ、ベッテル、シューアッハ、ライコネン、ロズベルグ、ペレス、ウェバー、ディ・レスタのオーダーに。
マクラーレンコンビが1-2フィニッシュに向けて中盤から終盤に向かおうとしていた時、なんとバトンが失速してパラボリカ直前でマシンを停止。マクラーレンに起こった悲劇はそのままフェラーリの幸運につながり、マッサとアロンソにW表彰台のチャンスが転がり込んだ。
38周目には4番手シューマッハが2回目のピットストップを実施して可夢偉がポイント圏内に浮上。そのしばし後にロズベルグも2ストップ作戦を決行し、9番手の可夢偉にシューマッハ、ロズベルグが続く形となる。
40周目にはアロンソがマッサの前に出た。次々と前を行くマシンをかわしながら4番手に上がってきたペレスの進撃を抑えるべき位置取りとなったマッサだが、ペースは明らかにペレスの方が勝り、あっという間に詰め寄られた末に先行を許してしまう。
ペレスは次の標的をアロンソに定め、46周目にあっさりとオーバーテイクを決めた。
10番手付近では可夢偉がメルセデス勢に抜かれて11番手に落ちていたが、48周目に6番手を走行中のベッテルがチームからマシンを止めるよう指示を受けたことで再びポイント圏内に入っている。
レース終盤には新しいタイヤを装着しているメルセデス勢が1ストップのライバルたちを尻目にコース上で着実にポジションを上げていく。
レースも最終局面の52周目、24番手からスタートして終始後方でのドライブを強いられたヒュルケンベルグがガレージへ。さらに、ウェバーがアスカリ出口でコントロールを失ってスピンし、いったんはコースに復帰しながらもスローダウンしてピットへ戻り、2人共にあと一步のところで一足先にレースを終えた。
そして53周目が終わり、後方で起こったバトルやトラブルをすべて関知せずにトップを守りきったハミルトンがトップチェッカーを受ける。2位ペレス、3位アロンソがハミルトンと共に表彰台に上った。
4位以降はマッサ、ライコネン、シューマッハ、ロズベルグ、ディ・レスタと続き、ウェバーのスピンで9位に上がった可夢偉と10位ブルーノまでがポイントを獲得。
11位のマルドナドとダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)、ダンブロジオ、ヘイキ・コバライネン、ヴィタリー・ペトロフ(共にフェラーリ)、シャルル・ピック、ティモ・グロック(共にマルシャ)、ペドロ・デ・ラ・ロサ、ナレイン・カーティケヤン(共にHRT)がチェッカーフラッグを受け、終盤にストップしたウェバー、ヒュルケンベルグ、ベッテルは完走扱いとなっている。
[ 2012年09月10日 05:55 ] カテゴリ:F1 | TB(0) | CM(0)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。